• ホーム
  • メガリスは安くて持続力が長い?メガリスの特徴をご紹介!

メガリスは安くて持続力が長い?メガリスの特徴をご紹介!

幸せなカップル

現在のED治療薬はバイアグラだけではありません。知られるものとしてはシアリスやレビトラがあり、日本国内のクリニックではバイアグラ・シアリス・レビトラの3種類がED治療薬の選択肢となります。一方で、個人輸入という方法をとれば、日本で承認されていないED治療薬やジェネリック医薬品も選択肢になります。

その選択肢の一つに挙げられるのがメガリスです。メガリスもカマグラゴールドと同じくインドで発売されているED治療薬ですが、含まれる成分はタダラフィルになります。タダラフィルはシアリスの主成分であるため、メガリスはシアリスのジェネリック薬またはコピー薬という扱いになるものです。発売しているのはインドのムンバイにあるマクローズ社になります。日本では承認されていないものなので、個人輸入でしか手に入れることはできません。

メガリスは価格も安価に抑えられており、費用負担が少ない薬です。一方で、シアリスと同様に、効果の持続時間に大きな違いがあります。含まれる主成分のタダラフィルは、効果の発現が遅いものの、持続時間は服用後36時間と長いことが特徴です。バイアグラなどの場合には持続時間が4時間程度ですから、性行為を行う前に急いで飲まなければなりませんが、この点で優れているといえます。使い方は、性行為のチャンスがあると思った場合に服用しておけば、タイミングを気にせずにEDの状態を脱することができます。選ばれる理由としては、効果の持続時間が長いので食事の影響も受けにくいということ、また、緩やかに作用するため副作用も小さいという点も挙げられます。

ただし作用に関してはバイアグラなどと同様ですから、循環器系や心臓に問題がある人は服用に注意しなければなりません。それと長所が欠点になることとして、持続時間が長いことで体内に成分が残っている可能性があるため、再び服用する場合には最低でも24時間は空ける必要があります。また効果が残留すると、人によっては勃起が止まらなくなる副作用も見られます。勃起が4時間以上続く場合にはペニスにダメージを与えることになるので、適切な治療を受けなければなりません。

価格に関しては先発薬のシアリスが1錠あたり2,500円程度であるのに対し、メガリスは1錠あたり600円なので安いです。ただし注意しなければならないのはタダラフィルの含有量で、シアリスが20mgのみなのに対し、メガリスは20mg錠と10mg錠があり、どちらも同じような値段で売られています。このため、より安い価格で手に入れるのであればメガリス20mg錠を選ぶ必要があるでしょう。