• ホーム
  • ラブグラは女性版バイアグラ?ラブグラの特徴と効果について

ラブグラは女性版バイアグラ?ラブグラの特徴と効果について

バイアグラは男性のEDを改善するための薬であり、女性が服用するものではありませんが、一方で有効成分であるシルデナフィルは、女性が使用すること自体に問題はありません。バイアグラを含めて、ED治療薬の仕組みとしてはPDE5と呼ばれる酵素の働きを阻害するものです。

これは血管を拡張させるcGMPと呼ばれる物質を壊す作用があり、cGMPは男性が勃起する際に盛んに放出されます。しかし、濃度が高い状態では勃起が治まらないという状況になり、PDE5がcGMPを破壊してバランスをとっています。しかし、何らかの理由でcGMPの分泌量が少ないといった場合には勃起が起こりにくくなり、これがEDにつながるのです。このためED治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれ、勃起を治めようとする作用を阻害することで勃起させやすく、またそれを維持することができる仕組みになります。

ホルモンなどに作用する成分ではないので、女性が服用した場合にも大きな悪影響はありませんが、循環器系や心臓などに問題がある場合には使用してはいけません。それにバイアグラは女性の服用を前提にしたものではありませんから、未知のリスクが存在します。

その一方で女性が服用すると男性と同様によい影響を与えることが分かっており、女性用として登場したのがラブグラです。ラブグラはインドのアジャンタファーマ社が製造・販売しているもので、性行為時における女性の不感症や膣内の膣液の分泌を促すなどの作用があります。基本的には、アジャンタファーマが製造・販売しているバイアグラのコピー薬のカマグラと同等のものですが、女性用の不感症治療薬として販売されているのが特徴です。

ラブグラの作用の特徴は、バイアグラと同様に血管拡張作用によって血流をよくする働きがあります。男性の場合には勃起を起こしやすくし、またそれを維持する効果がありますが、女性が服用した場合には、性器周辺の血流がよくなることで膣液の分泌を促進することができます。またクリトリスなど女性の性感帯の感度もよくなることで、セックス時に感じやすくなることが可能です。

なお、バイアグラと同様に催淫効果はなく、あくまでも性的刺激を受けたときに効果を発揮します。また服用方法も同じで、セックスの1時間程前に使用し、空腹時に服用することで4時間程度効果が持続するというものです。カマグラゴールドと同じ価格帯で売られていますが、この用途に使える先発薬は販売されていません。このため日本でも取り扱いされておらず、女性が使用するということにも未知の副作用の可能性があることに留意する必要があります。